パッキンの劣化がトイレの水漏れへ

給水管がつながっているトイレには、さまざまなところにパッキンが使われています。構造が簡単なように見えて、陶器に対して金属の部品をつないだり、配管をいろいろと必要とすることから、水漏れしないようにするためにはパッキンが必要です。これが劣化すれば、当然水漏れを起こしていきます。

■水漏れを止めるため

パッキンとは、異なる部材をつないだ場合、必ず隙間が空きます。どんなに精密に作ったとしても、すべての隙間を埋めるというのは、かなり困難な状況といっていいでしょう。そこで、ゴムでできたパッキンを間に挟むことによって、反発して隙間を埋めるというのが役割です。
つまり、このパッキンが劣化してしまえば、水は漏れてくるのが必然であるということになります。部材として永遠に劣化しないようなものではなく、何も衝撃などを与えなくても、時間とともに劣化することになるでしょう。これが定期的に交換しなければいけない理由です。

■止水栓周りにもある

水漏れ箇所でパッキンが原因として考えられる場所はいくつも存在します。陶器の便器に対して、鉄の部材が取り付けられているところには、パッキンか止水テープが巻かれています。配管同士が接続されているところも怪しいと考えれば、どこにあるのかが分かりやすくなってきます。特に注意しておかなければいけないのが、止水栓の前後に取り付けられているパッキンです。強い圧力がかかってくる部分であり、劣化してしまいやすい場所と考えることができます。
交換についても考えていかなければなりませんが、水は元栓から止めていかなければいけません。圧力をいったん逃がし、専用工具を使って取り外すなどの処置が必要です。新品のパッキンに交換して締め付けることになりますが、専門業者に依頼するほうがいいでしょう。

■まとめ
パッキンは、トイレにとって重要な部品になってきます。なくては酢密性を保つことができません。劣化した時には交換することによって、性能を取り戻すことはできますが、種類もいろいろとありますし、正しく取り付ける必要があります。水漏れを拡大させないためにも、難しいと考えたら専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ