トイレ水漏れは止水栓を締めるところから

水回りには、必ず止水栓が取り付けられています。水漏れを起こした時にも、止水栓を締めることによって、水漏れ自体を一時的に止めることができ、修理もできるようになります。普段から場所を気にしておくことによって、トラブルを起こした時にも、すぐに対応ができるようになるでしょう。

■設備の近くにある

止水栓の役割は、水を止めるところにあります。設備の取り付け施工をする場合、水が出てきたのでは正常に取り付けられません。しかし、しっかりと取り付けられたかどうかを確認するためにも、目の前で水を出せるほうがいいでしょう。修理をするときにも、すぐに水を止めることができれば施工が早くなります。
確実な施工をするためにも、止水栓は設備からすぐのところに取り付けられています。ただし、インテリアの問題から、目立たない場所にしていることは十分に考えられます。



■止水栓を締めれば水は止まる

トイレの水漏れが発生しているときでも、止水栓は活躍します。水の供給を止めてしまえば、被害は拡がらなくなります。
トイレの最大の問題は、常に水を供給するように作られている点です。必要な量が確保できれば、バルブを閉めて止めています。ところが、その水量が水漏れによって下がっても常に供給されてしまうため、出っぱなしになってしまいます。止水栓を締めてしまえば、これ以上の供給ができなくなるので、水漏れもため込んだ量で終わりになります。



■まとめ
止水栓は、水漏れ修理にも大事なポイントです。素手で回せるものもありますし、ドライバーを必要とすることもありますが、締めるだけで水の供給を止めることができるからです。ただし、止水栓よりも上流側で漏れてしまっているような状況では、止水栓自体が役に立たないことも覚えておく必要があります。この場合には、元栓を締めることになるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ