トイレの水漏れには止水が必須

水漏れを止める施工のことを止水と呼びます。壁から水が漏れてきているときにも止水工事をおこなったりしますが、トイレの水漏れも止水しなければうまく修理もできなくなります。なぜ水漏れ修理に水を止めるのか理解しておく事は大切です。

■水は行き場を求めて広がる

トイレは水漏れを起こすと、大量の水が床に広がってしまうことが出てきます。これが床を傷めてしまうことは間違いありません。家にダメージを広げていってしまいますし、流れる場所を求めて水はどんどん広がります。止水栓を閉めるなどして水を止めなければ、トイレに水を供給するために、ずっと流れてしまうことになるでしょう。
マンションなどでは、下の階に流れ落ちてしまうことが考えられます。水漏れからの損害は、非常に大きな問題です。天井から水が落ちてくるということはだれも想定していない以上、さまざまなものが濡れてしまいます。電化製品を含め、大きな損害になるため、入居時に火災保険のオプションを掛けることを条件にしているところも増えました。

■一旦止める意味

少しずつ漏れるような状況であっても、一旦止めなければどんどん無駄に消費することになります。ほんの少しと思っていても、24時間漏れていることを考えなければなりません。これが膨大な水道料金につながることは、すぐにわかるはずです。
修理をするとしても、一旦止めなければいけません。トイレを含め、水道には驚くほど強い圧力がかかっています。常に送水するのは、簡単なことではないからです。この圧力がかかったままでは修理はできないため、一旦止める必要があるのです。

■まとめ
トイレの水漏れを回復させるうえでも、止水は絶対に必要になってきます。施工をするときには、吹き上がるような水の中で仕事をすることはありません。確実に止水して安全性を確保することが重要です。いざという時のために、日ごろから止水栓の位置などは調べておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ